ブルドッグ・ゲンジの日記【鼻シブキ】



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】





5/2 息子感謝デー。ショッピングモールへ行きたいというのでお出かけ。
チマチマと文房具を買ってあげた。ちょうどラジコンの大会をやっていた。 MINI-Zというやつらしいが値段が大人設定だ。
女としては良くわからん・・なぜその場で組み立ててるんだ?とか何をイジイジといじっているんだ?とか。
男2人はとてもやりたそーに見ていた。

5/3 無人島へ漂流する。

海に入りサラサラの白い砂にまみれた大きなカニクリームコロッケ2個が楽しそうに遊んでいた。

お忍びで来た国王一家かって位に、庶民的な食事処のテーブルににあふれる位の海の幸。
焼き焼きしておなかいっぱい胸いっぱい。
家族でさえも完全に忘れていた私の密やかな豪華絢爛誕生日ランチとなった・・
16gentan.jpg
22gentan.jpg
23gentan.jpg
24gentan_20100505173627.jpg
26gentan.jpg
5/4 何故か笠間へ。
GWの渋滞を恐れ電車。途中いちいち待ち合わせだの車両切り離しだのでちょこちょこ待たされる。
乗り換えの駅に着いたら水戸線くるまで1時間待ち。
経由の駅には時間をつぶす店も何もなーし!
自分たちが普段どれだけ刺激のある場所に住んでいたかを実感する。
20gentan.jpg
お稲荷さんやせんべい、焼き鳥なんぞをほおばりつつ、観光名所を巡る・・・
鎌倉のように密集しているかと思ったら観光スポットは広範囲にわたり、坂道もあり、いったい何処で借りれるんだかレンタサイクルでスイスイめぐる観光客や車を横目にヒーヒー言いながらとぼとぼ歩き・・
いやぁ~ヒッチハイクしたい位だった!
19gentan.jpg
本当に道路渋滞してんの?と思いながら陶器市のイベント広場についたものの
体力気力共に失せそのまんま駅へ戻るバスに乗り込みさようなら。
18gentan.jpg
相変わらず帰りの電車まで時間があるもんで、
商工会議所の人たちが駅前で小さい露天を出してたんでグズる旦那につめたーい生ビール。
疲れたー!あっち方面は車に限るぞ!
21gentan.jpg

色んな思いがありながらも充実した休日でした。
スポンサーサイト

テーマ:■■■英!ブルドッグ■■■ - ジャンル:ペット

【2010/05/06 20:26】






悪そうな顔。今から何か悪いことをするよ!の顔。

一ヶ月前どうも元気が無い様子。寝ていることが多かった。
あるひゲンジを触ろうとしたら「ガーッ!!」と威嚇して触るのを嫌がる。
生あくびが多く(完全に出切らない)それをする前後、あける口がゆがむ。
様子がどうもおかしい。くるくる回ってドカンと座るのは尻尾の炎症が痛いからか?肛門腺か?
病院で血液検査異常なし、神経系の病気も無い。
レントゲンの結果、馬尾症候群と診断された。
ちょうど尻尾の辺りの神経を、通常あるはずのない骨のようなものが突起して圧迫しているらしい。
そういえば過去にも軽く指摘されていた部分だ・・当時は気になる症状もまだ出ていなく、まず結石を治すのが一番だったのでそのままにしていた。

段差やフローリング、二本足でジャンピングしたり腰を動かしたり(汗
色々なもののの積み重ねが今になって症状に出てしまった。
「ブルドッグは鈍感ってイメージが強いけどそうじゃないんですよね。痛みや苦しみに我慢強い犬種ですからね・・」
という先生の言葉。確かに。我慢強い犬だよなぁ・・切ない。

痛み止めをもらって帰ったけどどうも効果が薄く、胃薬とセットで飲ませてたけど吐く。

この先の流れとしては他の痛み止めとかレーザー治療とかステロイド。
最終手段としてMRI→手術 なんだけど薬の副作用のことを考えたり麻酔のリスクや難易度の高い手術を受けても治るかもしれないし治らないかもしれない・・成功してもその後のケア・もとの生活に戻るまではとても大変なこと。
何か他にいい方法はないだろうかと色々調べてたら鍼とかホメオパシーという今まであまり気に留めることの無かった世界があることを知る。

なのでまず次はコレを試してみよう。試してだめだったら次の方法ってことで
鍼と自然療法をやってみることにした。
今まで行ってた病院にこのことを話し、レントゲン写真のデータをもらって鍼の病院へ。
参考のために写真を見たあとは背骨の一つ一つを確認するように触りながらこことここが悪そうだね~って。
ドイツのホメオパシーは植物のエキスだけじゃなくて生き物のエキスも抽出したりするんだとか。
なにもかもが初めての経験で半信半疑で話を聞きながらも眼からうろこ状態。

針やってもらってる間おとなしーくしてた。
あとレーザーやってもらって、痛み止めの注射をやって(これも自然素材らしい)
関節痛に良いというZEELという飲み薬をもらった。ラムネみたい。

背骨にそってさわさわ~っと触れるか触れないくらいにゆっくり触ってあげるのが良いとか耳の後ろのツボを教えてもらったり、
興奮したら頭に気がいってるから、その気をさげるのに頭を冷やすと良いんだと。
腰は暖めてあげたいから、そういうときは一瞬だけ冷やしてぱっと離すと体内の熱が放出されて腰が暖まるんだと。

良い意味で魔女っぽくてなんかスゲーなって思った。
新しい世界。

薬の副作用も無く、表情がいつもどおりに戻って調子よさげ。
恐るべし自然療法。どうやらゲンジには今のところ合っているようだ。
教えてもらったマッサージも大人しく背中を向けてリラックスしている。
まぁこの方法は出た骨が無くなる訳ではないのでごまかしごまかし痛みとうまく付き合っていくと言う感じね。

今まで通ってきた病院の最新の西洋医学ともう一つの病院の自然療法、両方の良い所をチョイスしながらやっていこう。


ヘルニアとかってダックスなんかに多いのかなと、今まで他人事だったけど、
やっぱブルドッグの体系からして気をつけてなければいけないんだと実感。
肛門腺がたまった時のような仕草と似てるからそうなんだと思い込まず、腰の事もちょっと頭の片隅に入れておくと良いかも。

生活スタイル見直し、とにかく段のあるところは抱っこ。
飼い主もZEEL必要ぢゃん!
ソファに登らせるとまずいので、リビング進入禁止なり。これもゲンジのためだからしょうがない。
一日の大半を過ごすゲンジの部屋に謎のニンジン色したラグを引き・・

すわり心地は結構いいらしい。






15gentan.jpg
12gentan.jpg
14gentan.jpg
13gentan.jpg

とりあえず淵はボロボロ、暑けりゃ丸めて追いやられ。
高くかき集めて巨大なあご乗せになってたりしながらも、引き直し引き直し。
最近調子がいいもんだから、激しくラグを振り回す(汗
新品なのに毛束がむしられーの裏っかえされ可愛くない灰色がむき出しーの。
元気だからいっか!

動物飼うってむずかしいな。話せないしさぁ。
何が正しいとか何がいけないとかって無いから判断難しい。
飼い主が代わりにその選択をしなくちゃいけないんだからね・・
ゲンジが少しでも快適に過ごせるようにしてあげたいなぁと思うばかりっす。





【2010/05/03 00:01】






2genta.jpg
4genta.jpg
3gentan.jpg
7gentan.jpg
8gentan.jpg
5gentan.jpg
6gentan.jpg
10gentan.jpg
9gentan.jpg

ちょっと前の写真。ウロウロしてたら偶然見つけたところ。気持ちの良い場所だったー

ゲンジが大好物のおもちゃ、ダイソーのラグビーボールが最近売ってないー
いける範囲のショッピングモール何処も無い無いッ
うちが買い占めちゃったんだろうか・・
誰か見つけたら大人買いしてください。買い取ります。
茶色か黄色でサイズが大か中のです。
【2010/05/02 23:34】






| HOME |


鼻シブキ
Design by mi104c.
Copyright © 2010 鼻シブキ(英・ブルドッグ・ゲンジの日記), All rights reserved.












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。